Brother showing his sister where to go

カンタン英会話

道案内をする時に使える英語は?(電車編)

更新日:

おはようございます!本日はサンデーモーニング!今日も「使える簡単英語!」サクッといきましょう!すっごく簡単ですよ!今日も映画からではなく、シチュエーションによって使える英語!٩( ᐛ )و

本日のフレーズは
「英語で道案内をするときに使えるフレーズ(電車編)」

昨日は近場の道案内の際に使えるフレーズをご紹介しました!本日は電車で乗継をする場所までを説明するときに使えるフレーズをご紹介します!

まずは遠いところを聞かれたとき、わからない場合は調べてあげると親切ですよね?その場合、こういうといいですよ!

I’m not sure but I can look it up for you】(詳しくはわかりませんが調べましょうか?)

こんな感じでいうと親切ですよね!他にも「ググらせて!」なんて時は【Let me google it】これで全然伝わります!(だいぶカジュアルになりますがww)

それでは検索後の道案内へいってみましょう!

You should change at the next station to get there
(そこに行くには次の駅で乗り換えが必要です)

一本でいけない場合はこう説明するとわかってもらえます!「〜で降りてください」という場合は、

Get off at〜】(〜で降りてください)

「〜で電車に乗ってください」という時は

Take the train at〜】(〜で電車に乗ってください)

こんな感じで駅名と、ここで降りるんです!ここで乗るんです!と教えてあげるとわかりやすいです!ちなみに〜で乗り換えるときにはこれ!

Transfer to〜】【Change to〜】【Switch to〜】(〜で乗り換える)

3つとも同じ「乗り換える」という意味なので覚えておくと便利です!”〜で〜行きの〜線の電車に乗って〜で降ります”など説明の仕方は無限にあるのですが、この基礎を覚えておくとちょっとでも助けてあげられると思います!是非使ってみてください!٩( ᐛ )و明日は祝日ですが通常更新です!お見逃しなく!٩( ᐛ )و

秘書
困っている外国人の方には積極的に助けてあげたい!そこまで英語力はないですがww

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リオ

リオ

秘書のリオです。 トレンド情報からおもてなしの心、たまには愚痴まで秘書の視点で情報をお届けいたします。

-カンタン英会話, 社長に教えます
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 秘書の視点|secretarys.view , 2018 All Rights Reserved.