bee collection nectar on the flower for pollination.

カンタン英会話

なんで「have a bee in one's bonnet」で、「取りつかれている」という意味なの?

更新日:

こんにちは!٩( ᐛ )و本日も「使える英語!」サクッといきましょう!今日も簡単ですよ!
今日も映画からではなく、シチュエーションによって使える英語!٩( ᐛ )و

本日のフレーズは
なんで「have a bee in one's bonnet」で
「取りつかれている」という意味なの?

今日はイディオムの【have a bee in one's bonnet】というフレーズの意味と使い方をご紹介します!それではこちら٩( ᐛ )و

have a bee in one's bonnet】「取りつかれる」

直訳すると「帽子の中にハチがいる」という意味ですが、想像してみてください。「帽子の中にハチがいて、なかなか離れようとしない」となると、「ある考えに取りつかれる」というイメージがつきませんか?そんなところから来ています!
それでは実際に使い方の例文をどうぞ٩( ᐛ )و

He has a bee in his bonnet about becoming an actor
「彼は俳優になりたいという考えに取りつかれている」

こんな感じで使えます!「〜の考えに取りつかれている」という時は【have a bee in one's bonnet about〜】のように【about】をつけたあとに、取りつかれているもの、事を当てはめてください!他にも、

Do you have a bee in your bonnet about someone?
「誰かのことで頭がおかしくなってるんじゃない?」

こんな感じで質問でも使うことができますよ!誰かに夢中になっていたり、取りつかれているぐらい考えている人に対してこんなフレーズも使えます!

本日は「have a bee in one's bonnet」というイディオムの意味と使い方をご紹介しました!是非使ってみてください!٩( ᐛ )و明日はサタデーナイト!夜更新です!お見逃しなく!٩( ᐛ )و

秘書
ハチから、何かに取りつかれているという意味になるのはまた面白いですね

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カンタン英会話, 社長に教えます
-, , , , , , , , ,

Copyright© 秘書の視点|secretarys.view , 2020 All Rights Reserved.