3D render of a Bedroom

カンタン英会話

Room(部屋)の意外な使い方とは?

更新日:

こんにちは!٩( ᐛ )و本日も「使える英語!」サクッといきましょう!今日も簡単ですよ!
今日も映画からではなく、シチュエーションによって使える英語!٩( ᐛ )و

本日のフレーズは
「"Room"の他の使い方」

Room】と聞けば一番に思い当たるのは「部屋」ですが、他にも「場所、空間、余地」という意味もあるんです!実際にこんな使い方があります!

I need to save room for dinner】(夜ご飯のためにお腹空けておかなきゃ)

お腹の空腹具合も【Room】で表現することができちゃいます!ここでいう【Room】は「余地」ですね!【Space】と同じような意味合いがあります!

他にもこんな例文!例えば沢山勉強をした後、もう少しやろうと思ったけれどもう脳に余裕がない時!

There's no more room in my brain】(もう脳内に場所がない)

こんな感じでもうこれ以上勉強できるほどのスペースが脳には残ってない。という表現ができるんです!面白くないですか?この表現は結構良く使われます。もうこれ以上スペースがないよ!って時には【Room】を使ってみると言葉の幅が広がりますよ!٩( ᐛ )و是非使ってみてください!٩( ᐛ )و明日はサタデーナイト!夜更新です!お見逃しなく!٩( ᐛ )و

秘書
もう部屋(余地)がないんだよー!ってなんだか可愛いww

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リオ

リオ

秘書のリオです。 トレンド情報からおもてなしの心、たまには愚痴まで秘書の視点で情報をお届けいたします。

-カンタン英会話, 社長に教えます
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 秘書の視点|secretarys.view , 2018 All Rights Reserved.