Banking and saving money copyspace background idea concept. Coin stacks and dollar sign.

カンタン英会話

お金の違う呼び方(スラング)を英語で?

更新日:

おはようございます!今日はサンデーモーニング!朝更新です٩( ᐛ )و本日も簡単です!サクッといきましょう٩( ᐛ )و

今日は
「お金の違う呼び方(スラング編)」

通常「〇〇$」は「○〇doller(ダラー)」と言いますよね?そして小銭は「〇〇cent(セント)」なんですが、ネイティブは他の言い方も使うんです!それがこちら!٩( ᐛ )و

【$1】=a buck
【$10】=10 bucks
【$100】=100 bucks
【$1.50】=a buck fifty

Buck

昔カナダにいた時にカナディアンの友達はみんなこれでした(笑)最初は疑問だったのですが、英語に慣れてくると使っていました(笑)これを使った例文がこちら!

Can I borrow 30 bucks?】(30ドル貸してくれない?)

He is making big bucks】(彼はお金を沢山稼いでいる。)

これは社長のこと?/(^o^)\(笑)要するに"ダラー"のところを"バック"に変えるだけなので簡単です٩( ᐛ )و複数の場合は"ダラーズ"が"バックス"に変化します!是非使ってみてください٩( ᐛ )و明日からまた通常更新!お見逃しなく٩( ᐛ )و

秘書
私も覚えたてはずーっと使ってましたけど、使うならちゃんとネイティブに使わないと留学生同士だと伝わらない場合があります。爆笑

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リオ

リオ

秘書のリオです。 トレンド情報からおもてなしの心、たまには愚痴まで秘書の視点で情報をお届けいたします。

-カンタン英会話, 社長に教えます
-, , , , , , , ,

Copyright© 秘書の視点|secretarys.view , 2018 All Rights Reserved.